s

ステート・ストリート
信託銀行

事業概要

日本におけるステート・ストリート信託銀行は、資産管理業務、並びにポートフォリオの価値を高める各種プロダクトを提供する外資系信託銀行として、親会社であるステート・ストリート・バンク・アンド・トラスト・カンパニー(SSBTボストン)が長年に亘りグローバルで培った、資産管理業務に関する高度なノウハウと先端のテクノロジーを活用した高水準の資産管理サービス、並びに様々な付加価値サービスの提供を目指しています。

当社では、年金基金、資産運用会社、信託銀行、保険会社等の機関投資家のお客様に、信託業務、アウトソーシング業務およびグローバル・カストディ代理業務、オフショアファンド・サポート業務を提供してまいりましたが、2018年以降、セキュリティーズ・ファイナンス、カレンシー・マネジメント、トランジション・マネジメント、外国為替取引プラットフォームおよびデータ分析等の商品やサービスを拡充し、資産管理業務に関するステート・ストリートのプロダクト・ラインアップを揃え、お客様のコスト管理、運用サポートのための包括的なソリューションを提供しています。

世界市場における急速な変化にお客様が対応できるよう、ステート・ストリート信託銀行では、柔軟性に富んだ、カスタマイズ可能なサービスソリューションを提供してまいります。

信託業務
資産運用の多様化に伴い、信託財産管理業務においても、顧客 ニーズの多様化・高度化が進んでいます。当社では従来型サー ビスのご提供とともに、最近ニーズが高くなっている外貨建て 信託の設定、新興成長市場や代替投資等についても、グループのグローバル・ネットワークと先端技術を駆使した柔軟なサポートを行っています。また、グループのテクノロジー、ノウハウを活用した 幅広い付加価値サービスにも対応しています。

アウトソーシング業務
世界有数の資産運用会社や保険会社に対して、日本におけるオペレーション(資産管理事務)のアウトソーシング・サービスを提供しています。当社は資産管理業務の一環として、運用会社に対するサービスを2000年に、生命保険会社に対するサービスを2002年に開始しました。お客様はアウトソーシング・サービスをビジネスモデルに組み入れることによって、人件費やシステム投資等の固定費の削減に役立てることができ、コア業務への資源の集約が可能になります。また、信託財産管理業務と同様に、幅広い付加価値サービスにも対応しています。

グローバル・カストディに係る外国銀行代理業務
機関投資家のために保有有価証券資産を管理し、必要に応じてそれら資産の受渡し決済等を実行するグローバル・カストディ・サービスを、米国ボストンのステート・ストリート・バンク・アンド・ トラスト・カンパニー(SSBT)の代理人として提供しています。SSBTは各国の現地銀行とサブ・カストディ契約を交わすことで、世界中の国々への投資に対しカストディ・サービスを提供できます。機関投資家にとっては、当社のようなグローバル・カストディアンを採用することにより、各国ごとの個別契約を締結しなくても、世界中の様々な市場・通貨で効率的かつ費用効率の高い投資を行えます。

オフショア・ファンドサービス業務
本邦運用会社および機関投資家等向けに、当社グループ海外拠点で行っているオフショア・ファンドのトラスティー業務、アドミニストレーター業務の資産管理業務やサービス業務に関し、日本のカスタマーサポート、連絡窓口としてのリエゾン業務、ファンド組成時の支援サービス等を提供しています。

ポートフォリオ・ソリューション業務
日本の顧客に対して、円滑な資産移管をサポートするために、投資一任契約を締結し執行プランの作成や取引指図を行うトランジション・マネジメント業務や、海外のステート・ストリート・グループのカレンシー・マネジメントやエージェンシー・トレーディング等のサービスに関して情報提供や契約手続きのサポート業務を行います。

セキュリティーズ・ファイナンス業務
SSBTボストン及びステート・ストリートの海外グループ会社が提供しているエージェンシー・レンディングや、エンハンスド・カストディのプロダクトに関して、日本におけるリエゾンとしてサービスを提供しています。

電子プラットフォームに係るサービス業務
機関投資家とFXブローカーをつなぐマルチバンク電子為替取引プラットフォームとサービスを提供する「FXコネクト」や、外国為替及びプレシャスメタル取引のマルチバンク電子プラットフォームとそのサービスを提供する「Currenex(カレネックス)」を日本のお客様に対して、それぞれFX Connect, LLCとCurrenex Inc.のリエゾンとしてサービスを提供しています。

ステート・ストリートAlphaSM  
フロント・ミドル・バックオフィスをつなげる資産運用管理業務のための統合プラットフォームであるステート・ストリートAlpha SM は、データの最適化と、投資ライフサイクルにかかるシステムの統合を通じて、お客様のより良いビジネス環境の実現をサポートします。

Alpha SM は、自在かつ拡張性のある設計で、あらゆる市場におけるお客様の資産管理を実現、また日々のプロセスの効率化を可能にします。この革新性を生かした、より良い投資判断ににより、効果的に収益を生み、ビジネスの管理業務の簡素化にお役立ていただけます。

ごあいさつ  

1986年に日本での業務を開始して以来、ステート・ストリート信託銀行では、時代のニーズに見合った、カスタム化した資産管理ソリューションとデータを、民間・公的年金基金・資産運用管理会社・保険会社等の日本の機関投資家向けにご提供しております。

2018年、ステート・ストリート・グローバル・マーケッツ証券株式会社の全事業を譲受、またステート・ストリート・コーポレーションによるチャールズリバー・デベロップメントの買収により、資産管理業務に関するプロダクトラインを充実させ、革新的かつ包括的なソリューションをお客様に提供することが可能となりました。これらの統合により、大きなシナジー効果を生み出すことに成功しています。

現在、国内に2つの営業所(東京・福岡)を配置し、ステート・ストリートのグローバルネットワークを通じて、幅広いサービスを提供しております。私たちは日本の規制環境、ビジネス慣行、日本市場の求める水準を満たし、かつグローバルスタンダードの知識を活かした、データに基づく革新的なソリューションを提供しております。

私たちは常にお客様を第一に考え、お客様の成功のためにお役に立つことこそが、当社の成長につながるものと確信しております。日本のお客様が世界のどこで事業を展開されても、その成功のために、ステート・ストリートは日本で25年以上業務を続ける信託銀行として、できうる限りのお手伝いをさせていただきます。

ステート・ストリート信託銀行株式会社
代表取締役社長

マーク・ハミルトン